広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

コレクションプラス『海と旅』がはじまりました。

更新日:2019年6月13日(木) 【展覧会】

6月8日(土)からコレクションプラス『海と旅』が始まりました。

南仏やヴェネツィア、尾道などの海を描いた風景画と、画家たちが旅をして描いた作品をあわせて67点展示しています。


 

 

南仏サントロペを愛したポール・アイズピリの作品

ノルマンディー生まれの画家ラウル・デュフィの作品や、

物語から想像をふくらませて描いたアンドレ・ボーシャンの海をご覧いただけます。


 


また尾道を拠点にして、日本各地を旅し、風景を描き続けた小林和作の作品や、

尾道ゆかりの画家として村上選氏、高田三徳氏が描いた異国の風景画、

“旅する建築家”の渡邉義孝氏によるスケッチノートなどを展示しています。


 



 


遠くへ行くことは日常からの解放であり、感覚を研ぎ澄ませる時間でもあります。

旅はそのまま画家たちの歩みともつながります。

彼らが見つめた海と港、船、街並み、さまざまな土地の歴史や暮らしなど、いっしょに旅をするようにお楽しみいただければ嬉しいです。


夏休みにあわせた様々なワークショップも企画しています。

ぜひこの機会に足をお運びください。



コレクションプラス『海と旅』

開催中〜10/6日(日)まで

詳細やワークショップのおしらせは、展覧会のページでもご覧いただけます。


 

 

 

コレクションプラス『花ある絵画』がはじまりました。

更新日:2019年3月1日(金) 【展覧会】

 

2月23日からコレクションプラス『花ある絵画』が始まりました。

バラを中心に、様々な植物が描かれた静物画や風景画を展示しています。

 

 

 

フランスの近現代の作家たちが描いた花のある静物画や、

日本近代の画家たちによる花のコレクション、

小林和作をはじめとした日本の風景画など、春らしい作品をご堪能いただけます。

 

どんな作品を展示しているか こちらのページ(http://www.nakata-museum.jp/collection/) で確認することができます。

カテゴリごとにコレクションが一覧になっており、印が展示中の作品です。

お気に入りの一枚がある方は、ぜひチェックしてみてください。

 

  

 

 

 

 

 

そして第2、第3展示室では、スイスの画家アン・マリー・トレクスリが描いたバラの植物画を展示しています。

トレクスリはフランスやドイツ、イギリスなどで美術を学び、植物学の知識をもとにした専門的なイラストレーションで評価されました。

 

 

 

バラのほか、ツバキやランの花、鳥を描くことを得意とし、アメリカのカーネギー自然史博物館や、パリの国立自然史博物館にも務め、自らも育種に取り組みました。

本展では、さまざまな色や形のバラを描いた37点をお借りして、一堂にご紹介しています。

それぞれの特徴をクリアに描き分ける卓越した水彩画の技術を、ぜひ目の前でご覧ください。

 

 

 

 

 

オープンにあわせたように、しだれ梅も満開を迎えています。

 

 

 

アンズの蕾も膨らみつつあり、この先の季節は美術館前の桜並木も楽しみですね。

春のお散歩がてらに、ぜひ美術館でゆっくりとした時間をお楽しみください。

 

コレクションプラス『花ある絵画』は6月2日(日)まで開催しています。

 

 

 

 

 

 

コレクションプラス『描かれた人々』

更新日:2018年10月9日(火) 【展覧会】

こんにちは。すっかり季節は秋になりましたね。

10/6からコレクションプラス『描かれた人々』と同時開催『塩川睇 - 尾道を描く-』が始まっています。

 

 

この度は、絵画のなかの“人”に焦点を当てて、さまざまな時代や国、素材、技法の多彩な作品をご紹介しています。

 

 

皆さんがよくご存知のルノワールやシャガール、ピカソ、セザンヌといった近代フランスの巨匠から、ジュール・パスキン、キール・ヴァン・ドンゲンといったエコール・ド・パリの画家たち、尾道にゆかりの洋画家や、大正・昭和期に活躍した美人画家まで、16名の作家による35点の作品を展示しています。

 

 

藤田嗣治は、初期作品と晩年の作品にあわせ、貴重な素描や写生帳、草稿、メゾン・アトリエ・フジタの再現パネルなども展示しています。

 

 

画家たちが生きた時代や文化、そこで出会った人々を想像しながら、ひとつひとつの作品の声に耳を傾けていただければ幸いです。

 

 

同時開催の『塩川睇 - 尾道を描く - 』では、長野県出身で尾道に暮らした画家・塩川睇劼糧道と瀬戸内の風景画を一堂にご紹介しています。

 

 

尾道市立大学の設立以来教鞭をとりながら、風景のなかの光や水の表情を、確かなまなざしでとらえて描き出しました。

この度は、代表作と言えるような大作から、これまであまり展示の機会がなかった小品まで、19点の作品をご紹介しています。

 


 

コレクションプラス『描かれた人々』

同時開催『塩川睇 -尾道を描く-』

2018年10月6日(土)〜2019年2月19日(日)
開館時間:9:00 - 17:30(入館は30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/30〜1/7) 



 

また、市内のMOU尾道市立大学美術館、サテライトスタジオでも、塩川睇凖犬開催されます。

 「浮游 −塩川睇凖−」 

2018年 10月20日(土)〜 12月9日(日)

会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00 - 18:00
休館日 水・木曜日 
入場無料

 

こちらは初期作品なども含め、風景画以外のシリーズも展示されるとのこと。

会期・休館日など異なりますが、ぜひこの機会に各会場をあわせて回ってみてください。

 




 

 

 

 

 

 

 

 
 1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。