広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

ずいぶん久しぶりのブログ更新になってしまいましたが・・・

なかた美術館は、今年で開館20周年を迎えました!



1997年の開館以来、20年といえば、赤ちゃんが成人式を迎える年月です。

これまで多くの方々に、当館での展覧会やイベントなどにご参加、ご協力いただきながら歩んできました。

みなさま本当にどうもありがとうございました。

そして、これからも末永く見守っていただければと思います。

 

そんな今年は一年間かけて、美術館の礎となっているコレクションを、テーマ毎にご紹介する展覧会を行なっていきます。

 

第一弾として、今週末から 開館20周年記念機 悒侫薀鵐垢硫莢箸燭繊-エコール・ド・パリを中心に-』がオープンしています。


 


ヴァン・ドンゲン、キスリング、シャガール、藤田嗣治ら、20世紀初頭パリに集まった

「エコール・ド・パリ」と呼ばれる画家たちを中心に、


フランスの近代美術を代表するコローやルオー、ルノワールなど





そのほか画家ポール・アイズピリの作品も含め、56点の作品が一堂に会しています。


 

コレクションのオールスターが集まったようで、なかなかの見応えなのではないでしょうか。


この度はパリの地図や、画家の言葉もあわせてご紹介しています。

パリで育まれた文化や、それぞれの画家たちの思いを想像しながらお楽しみいただければ嬉しいです。


またワークショップなども色々と企画していますので、詳細はこのブログや

twitter展覧会のページなどでお知らせしていきます。

開館20周年記念機 悒侫薀鵐垢硫莢箸燭繊-エコール・ド・パリを中心に-』

 

 


会期は6月4日(日)まで。ご来館お待ちしております。

 


 

ラジオドラマ 『高橋家にまつわる物語』 放送が決定しました

更新日:2016年11月29日(火) 【展覧会】

こんにちは。明日から12月!

ということで、冬の気配が色濃くなってきましたね。

ブログにUPしたい話題はたくさんあるのですが、大事なお知らせを。

 

開催中の特別展『小林和作に出会う』の出品作品のひとつ、

ラジオドラマ「高橋家にまつわる物語」が エフエムおのみち にて放送されることになりました!

放送予定は 12月10日(土)19:10〜(30分間)です。 

 

 

 

この作品は、脚本家・劇作家の高橋玄洋さんが原案を書き下ろし、

美術作家の横谷奈歩さんが制作したもの。


高橋玄洋さんと小林和作さんの出会いの物語。

そして尾道についての物語でもあります。


劇中の音楽や音声も、尾道に暮らすゆかりの方々に、ご協力いただきました。


こちらは先日の高橋玄洋さんの『スペシャルトーク:小林和作に出会う』の様子。





出品作家の村上選さん、横谷奈歩さんとともに、小林和作の作品や想い出について語っていただきました。

若き日に和作さんに出会い、大きく影響を受けた高橋さん。

この時も本当にたくさんの物語があふれていました。

 

ラジオは和作さんも大好きで、制作中も欠かさず聴いていたそうです。

会場では愛用のラジオも展示しています。


 

 

横谷奈歩さんは、2013年からAIR Onomichiのレジデンスアーティストとして、

高橋玄洋さんがかつて暮らした尾道の家を舞台に、高橋さんと往復書簡を交わしながら、リサーチと制作を行っています。



当館ではこの一連の活動の最新作として、インスタレーションを展示中です。



ラジオドラマも本物のラジオのスピーカーを使って流しているのですが、

実際の電波に乗って、みなさんのもとに届くと思うとワクワクします。


 

 


全国からインターネットを使って聴くこともできます。

ぜひ皆さんゆっくりお耳を傾けてみてくださいね。

 

 

そしてこの放送に先立ち、横谷奈歩さんご本人もゲスト出演されます。

こちらは12月8日(木)18:00過ぎから。

作品について、尾道でのこれまでの活動について、詳しくお話してくださるとのこと。


 

 

 展覧会はもちろん、ラジオのほうもぜひ、あわせてチェックしていただけるとうれしいです。

 

 

 

 

 

特別展『小林和作に出会う』がオープンしました

更新日:2016年10月9日(日) 【展覧会】

10月8日(土)より特別展『小林和作に出会う』がオープンしています。

 

 


 

かつて尾道に暮らした画家・小林和作は日本全国をスケッチして、たくさんの風景を描きました。

そして自らを“民衆画家”と称し、市井の人々や歳下の作家たちとも
分け隔てなく交流して尾道の文化を豊かに育てました。


今なお尾道で愛されるこの画家について、始めての方はもちろん、

馴染み深い方も、作品を通して改めて“出会って”いただきたいという企画です。


 

 

春や秋の雄大な山や、荒波が打ち付ける海辺など。

素直な筆致で色彩豊かに描かれたその作品は、素朴で力強い魅力を持っています。


和作と同世代の梅原龍三郎や林武、中川一政といった画家たちのほか、

現在、そして未来へつながる作家たちの活動もご紹介しています。

 

 

 

和作と出会い、影響を受けた人のひとり、脚本家・高橋玄洋さん。

出品者であると同時に、作品へのコメントも寄せていただきました。

 

 

 

尾道に生まれ、小林和作から直接の絵の教えを受けた“最後の弟子”である村上選さん。

和作との出会いのきっかけになった作品も含めて展示しています。

 

 

 

横谷奈歩さんは、アーティスト・イン・レジデンス AIR Onomichiの招聘作家として、

これまでも尾道にある高橋玄洋さんの旧家を舞台に、アートプロジェクトを展開してきました。

この度はラジオドラマを軸にした新作インスタレーションを制作。

ぜひ会場で体験してください。


 

 

小林和作が描いた作品、そして小林和作を通して広がる、様々な作家たちの作品をお楽しみください。

会期は来年の2月19日(日)まで。



この度は山口県立美術館さんや尾道市立美術館さんをはじめ、

多くの所蔵家の方々から作品をご出品いただきました。


また作品の制作や調査などにも多数の方にご尽力いただいています。

本当にありがとうございました。


皆様ぜひこの機会にご来館ください!



 

 
 1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。