広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

第9回『子ども学芸員の旅』

更新日:2016年8月21日(日) 【子どもと美術館】

さて、夏休みも残りわずかになりましたが・・・尾道の夏といえば『子ども学芸員の旅』!



すっかりおなじみの方もいらっしゃるかと思いますが、改めてご紹介を。

尾道市内の小学生のみなさんと一緒に、美術館や文化施設を
めぐりながらワークショップを体験する一泊二日の旅。

市内の6つの美術館・博物館が連携した「尾道市美術館ネットワーク」の主催によるものです。

 

 

なかた美術館では展覧会『海景 umi kei』にちなんで、「海の生きもの図鑑」というワークショップを行いました。

 

今回は海をテーマにした作品をたくさん展示しているのですが、作品には描かれていない海の中までを想像して、新しい生きものを見つけてみようという内容です。

 

本物の図鑑をヒントにしつつ、まずは手を動かしながら考えられるよう、

「フロッタージュ(こすりだし)」を行いました。

 


凹凸の上に紙を乗せて、鉛筆でその模様を写し取ります。

(コインなどで試したことがある方も多いのではないでしょうか)

 

これが海の生きものらしい、ウロコの感じや透けた感じなどの質感を出すのにぴったり。


 

その紙を切り抜いて、コラージュしながら生きものを形作っていきます。 



 

みなさんには “発見者” として、特徴の解説や名付けもしてもらいました。



自分がどうやって生きればいいかとか、どうでも良いことで悩む『ユージューフダン』

においはお菓子、味はしいたけ『すばどい』 

自分でもペンギンかイルカか分かっていない『イエローマウス』などなど


おしゃれなやつから、毒を持っているやつまで、

形も特徴も色とりどりの海になりました。

 

 

そのほか、今回も耕三寺博物館、平山郁夫美術館、本因坊秀策囲碁記念館、

圓鍔勝三彫刻美術館、尾道市立美術館、MOU尾道市立大学美術館で、合計7施設を訪ねて、

それぞれの作品を鑑賞したり、ワークショップを体験しました。

 


 

 

 

 


 



 



 

 

 

 

新しい友達との出会いもあり、美術を通して楽しい思い出をつくってもらえたでしょうか。

毎年のことですが、例年よりも一段と厳しい暑さのなか、元気いっぱいに旅を終えることができ、

みなさんに楽しかったと言ってもらえて、美術館としても喜びもひとしおです。


ご参加・ご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

  

 

 

そして今年も、この旅の成果や作品を展示する『子ども学芸員 作品展』を開催します。

9月3日(土)〜9月11日(日)

9:00〜17:00

尾道市民センターむかいしま「こころ」ロビーにて。

入場無料、会期中無休です。

もちろん、子ども達が “発見” した新種の海の生きもの達も展示します。


ぜひお気軽に足をお運びください。


 

 

 

第8回「子ども学芸員の旅」作品展

更新日:2015年9月13日(日) 【子どもと美術館】

9/5(日)〜13(日)に、第8回「子ども学芸員の旅」作品展を開催しました。



すっかり終了後で申し訳ないですが、ブログでもご報告を。

申し訳ないついでに・・・twitterにて、いろいろと日々の情報を更新しています。

よりリアルタイムな情報をお届けしていますので、ぜひチェックしてみてください。

(twitterに登録していない方でも、ホームページを見るように閲覧することができます。)


 

 

今年は初めて「むかいしま市民センターこころ」を会場に!

夏休みに行った「子ども学芸員の旅」でのワークショップの様子や作品などを展示しました。


 

 

尾道をイメージしたジオラマや・・・


 


子ども達が思い思いに絵付けをしたカップ、


 

 

耕三寺境内の仏像をめぐったマップやスケッチ、

 

 


平山郁夫美術館でつくった展覧会計画などなど・・・、盛りだくさんの内容です!

 

 

なかた美術館で子どもたちがリサーチしてくれた調書も、かっこよくファイルに綴って展示しましたよ。


 


そして例年同様、子ども学芸員たちも展示作業に参加し、元気いっぱいに飾り付けてくれました。

 


今年は早くも秋模様なので、夏の思い出を閉じ込めたような展示は、よりきらきらと輝いて見えます。


 

はつらつとした作品や、写真の中の子どもたちの楽しそうな表情、

ワークショップにとりくむ真剣なまなざしには、思わず引き込まれるようで、

たまたま通りがかった方も、足をとめてじっくり見てくださっています。


 

初日を含む週末には「尾道子ども科学展」と同時開催の効果もあり、500名以上の方がご来場くださいました!!

また、この「こころ」には支所としてだけでなく、公民館や子ども図書館などの機能もあります。

公民館活動も盛んとのことで、100以上も講座があるそうです!!



実際にたくさんの方が、講座で使うであろう様々な道具を持って来館していたり、

芝生広場やロビーでくつろぐ姿を見て、本当に憩いとよき学びの場になっているんだなあと感じました。


 

たくさんの方に、尾道市内に、6つもの美術館・博物館があること、

お互いに連携していることを知って頂く、よい機会にもなったかなと思います。

 


子ども連れでいいのかな?と、遠慮されがちな美術館ですが、なかた美術館は大歓迎です。

当館はバリアフリーがなかなか進んでいないのですが、スタッフができる限りお手伝いいたします。

小学生対象の絵画教室や、親子でご参加いただけるワークショップも企画していますので、

お子さまと一緒に、気軽におでかけいただければうれしいです。


 



 

第8回「子ども学芸員の旅」を開催しました。

更新日:2015年8月1日(土) 【子どもと美術館】

夏休みですね!

毎日きびしい暑さですが、今年も夏休み恒例のイベント「子ども学芸員の旅」を行いました。

子どもたちにもっと美術館に親しんでもらおう!と始まったこの企画は、小学生を対象にして、美術館や文化施設をめぐりながら、ワークショップなどを体験する一泊二日の旅です。

尾道市内の6つの美術館・博物館が連携した「尾道市美術館ネットワーク」の主催で、おかげさまで今年で8回目になりました。


 

 

今年のなかた美術館では、ワークショップ「ミュージアムリサーチ」を行いました。

作品について調べて、“調書”を作成してみよう、というとてもシンプルな内容なのですが、

本物の作品が目の前にあるという美術館ならではのワークショップです。

 


絵画をよく見ると、絵の具のごくごく小さな亀裂や、欠けてしまっている部分があります。

それらをきちんと記録しておくことは、作品を守るために大切な学芸員の仕事のひとつ。

そのほか作品のタイトルや作者、制作年などの情報の記録ももちろん重要です。

今回はさらに、そこに何が描かれているか、どんな描き方をしているか、などを記入して“調書”を作成しました。

 


 

まずはグループで作品をリサーチしていきます。

小さな傷などを探しながら観察していくうちに、その素材や技法が見えてきます。

さらにじっくり見ると、作品の内容や作者が工夫していた部分も見えてきます。

近づいたり、離れたりすることでも、見えるものが変わってきますし、人によってどう見えているか全然違う事もあります。

お互いの気づきを共有することで、見え方がどんどん深まっていきました。

 


その後は、各自で一枚ずつ作品を担当し、リサーチしてもらいました。

見れば見るほど、色んな気づきがあり、書ききれないほどの言葉がわいてきます。

1人でぐっと集中することで、あらためて絵画の表面には、ずいぶんとたくさんの情報があることが分かるのではないでしょうか。

 





みな真剣に取り組んでくれて、「コレクションプラス 街を描く」の作品すべての、立派な記録をつくることができました!

絵画を見る楽しみや、学芸員の仕事がどんな感じか、その一端が伝わったでしょうか。



 

そのほか今回の旅で訪ねたのは、耕三寺博物館、平山郁夫美術館、本因坊秀策囲碁記念館

圓鍔勝三彫刻美術館、尾道市立美術館、MOU尾道市立大学美術館で、合計7施設。

それぞれの館で、その特性を生かしたワークショップを体験しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちにとっては「学芸員」はもとより「展覧会」という言葉も新鮮な様子でした。

また、学年も学校もちがう友達や、美術を学ぶ大学生スタッフたちとの出会いも、大きな経験ではないでしょうか。

なかには親御さんと離れて宿泊するのは初めてという子も。

新しい友達と思い出をつくりながら、ちょっと大人になり、美術にも親しめる旅になったのではと思います。

ご参加、ご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 
 1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。