広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

【訃報】 Paul AÏZPIRI ポール・アイズピリ

更新日:2016年1月30日(土) 【お知らせ】


2016年122日、当館のコレクションを代表する画家ポール・アイズピリ氏、老衰のため逝去しました。

享年96歳でした。

 

アイズピリは1919年パリ生まれ。母親はイタリア人で、父親はバスクの血を引く彫刻家でした。

当初は家具職人となるためブールの象嵌学校に入学しますが、1936年よりパリ国立美術学校(エコール・デ・ボザール)で学び、1943年には初個展を開催。

1945年のパリ解放後に、ベルナール・ビュフェらとともに、青年絵画展(サロン・ド・ジューヌ・パンテュール)の創立会員となりました。



その後、プリ・ナショナル賞受賞、ヴェネツィア・ビエンナーレへの出品、ニューヨーク、東京、ジュネーブなど各国で展覧会を開催するなど、具象画家として名声を高めていきます。

パリのほかに、南仏の港町サントロペにもアトリエを構え、ヴェニスやバスクの風物、家族の肖像などを、鮮やかな色彩と自由なタッチで描きました。

年齢を重ねるにつれ、ますます明るく軽やかになっていったその作品は、多くの人々に愛されています。


 


アイズピリの作品はフランスのパリ市立美術館やルーマン美術館、またベルギーやオランダなど各地の美術館に所蔵されています。

日本においては山形美術館(山形)、ニューオータニ美術館(東京)のほか、ホテル二ューオータニ東京内の壁面に制作した7部作の油彩『カプリ島シリーズ』、ホテルニューオータニ博多のロビーを彩る全長12メートルのフレスコ画『博多の祭り(博多どんたく)』などのコミッションワークもあります。

当館では現在、1点の彫刻と43点の絵画を所蔵しており、ロゴマークもアイズピリ氏に描いていただいたものです。




展覧会を開催する際には描き下ろしのメッセージを送ってくださるなど、常に当館の活動に多大なご理解・ご尽力ををいただいておりました。




※写真は、2013年のパリのアトリエ訪問、および2014年〜2015年の「Paul Aizpiri ポール・アイズピリ展(なかた美術館)」において撮影したものです。


心から哀悼の意を表すとともに、謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

 

 

スケッチバッグをつくりました

更新日:2015年3月14日(土) 【お知らせ】



なかた美術館オリジナルのデザインで、スケッチバッグをつくりました。

小さなスケッチブックと、水彩絵の具や色鉛筆、筆などを入れることができます。

 

 

生地は尾道の「立花テキスタイル研究所」の帆布を使用しています。

そして、グレーの色は鉄粉プリント。

尾道の鉄工所から出る鉄粉をリユースした顔料が使われています。

蝋引きしているので、さらに水にも強く、使い込むほどに味わいが増します。



玉付封筒のような黒い革のボタンは、オリジナルの刻印入り。

こちらも尾道の靴の工房「イチリヅカシューズ」製です。

 

尾道で芯の通ったクリエイションをしている方々に協力をいただいて、かっこいいバッグになりました。



スケッチに、散歩に、旅に、いろいろ連れていってください。

 

 


スケッチバッグ Sketchbag
225×190×40mm
¥5,616-






この他にも、ただいま当館ではミュージアムショップを強化中です。


話題の向島のチョコレート工場 「USHIO CHOCOLATL (ウシオチョコラトル)」より、

カカオと砂糖だけでつくられたチョコレート。



立花テキスタイル研究所の小物たち。



そして植物の写真集や本いろいろ。



ショップもお楽しみのひとつにして、ぜひご来館ください。


 



 

年末年始休館のお知らせ

更新日:2014年12月26日(金) 【お知らせ】

2014年も残りわずかになりました。

今年も多くの方にご来館いただき、ありがとうございました。

なかた美術館は以下の日程で、年末年始休館いたします。

 

12月29日(月)〜2015年1月5日(月)

 

併設のレストラン ロセアンも同様にお休みとなります。

何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 

 

 

『Paul Aizpiri ポール・アイズピリ展』は2月22日まで開催しています。

2015年もどうぞよろしくお願いいたします!




 
 1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。