広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

第12回『子ども学芸員の旅』を開催しました!

更新日:2019年8月10日(土) 【子どもと美術館】

尾道市内の6館+1施設を、1泊2日で巡る『子ども学芸員の旅』

尾道市内の美術館・博物館が連携する《尾道市美術館ネットワーク》の主催事業で、毎年恒例です。

昨年は豪雨災害によってやむなく中止、今年はどうなるかなと心配でしたが、無事に開催することができました!


 


 

市内の小学校から参加してくれる子ども学芸員たちはほぼ初対面。お互い交流して友達になってもらい、かつ様々なプログラムを体験しながら美術館・博物館に親しんでもらい、おまけに6館は山間の御調から生口島・瀬戸田まで、市内全域にまたがっているので、それぞれを訪ねることで自然と尾道の魅力にも触れることができちゃう!という、大変意欲的な企画です。

 

各館では毎年それぞれ、レクリエーション、作品鑑賞、ものづくりなどを分担しており、なかた美術館は今年はものづくり担当。

開催中の展覧会『海と旅』にあわせつつ、当館を運営する本社も造船関企業ということで、船づくりのワークショップを行いました。

 

 

まずは子ども学芸員のみなさんに、絵画に描かれた船のかたちを観察してもらいます。

尾道ではおなじみの渡船や漁船などの小さな船、おおきなタンカー、遊覧船など、船にもいろいろあります。

どんな船が描かれているかによって、そこはどんな場所なのか、どんな人がいて、どういう暮らしがあるのか、想像できるのがおもしろいですね。


 


そしていよいよ船づくりです。今回はみなさんに同じ基本形を準備しました。



この土台に、様々な素材と形を組み合わせて、船をつくっていきます。

 

 


プラスチックのケースや発泡スチロール、ストローや針金、コルクや王冠、ペットボトルの蓋などなど・・・

ありふれた身近な素材ですが、組み合わせることでみるみる船が現れてきます。

 

 

 

大きな船の煙突には、マークがついていて船の会社などを示しています。

ファンネルマーク」と呼ばれるこのマークを、みなさんには船主となって考えてもらいました。


 

 


土台が同じでも、仕上がりはさまざま。



みなさんの素晴らしい集中力と発想で、良い船がたくさんできました!


 

 

『子ども学芸員の旅』では、このほか陶芸の絵付けやうちわ作り、さまざまな展覧会の作品鑑賞などを体験をしました。







子ども学芸員たちの底知れぬパワーと夏の暑さに圧倒されつつも、きらきらした笑顔や好奇心いっぱいのまなざし、力作に元気をもらった二日間でした。 

このなかた美術館で作った船も含め、たくさんの作品や旅の様子を『子ども学芸員の旅 作品展』で展示いたします。


子ども学芸員の旅 作品展』

8/31(土)〜9/8(日)9:00〜17:00

入場無料・会期中無休

場所:尾道市民センターむかいしま(こころ) ロビー


子ども学芸員たちにも展示作業を手伝ってもらいます。

またいろんな美術館や博物館に行きたくなるような、楽しい展示になるかと思いますので、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

親子コンサート『いばら姫』を開催しました

更新日:2019年8月4日(日) 【コンサート】

夏休みに入った7月、今年も親子コンサートとして『いばら姫 ーおはなしとヴァイオリンでおくるグリム童話の世界ー』を開催しました。


 

 

おはなしとパフォーマンスを坂井けいさん、ヴァイオリンは尾奏子さん、チェンバロは小田郁枝さんの演奏です。

今回は「いばら姫」と「ブレーメンの音楽隊」2つのおはなしを、語りと音楽でお届けする趣向です。


まずは「いばら姫」から。

昔々、あるところに…というおなじみのフレーズに始まり、

雰囲気たっぷりの音楽にあわせて、坂井さんが悪い妖精から可憐な姫、勇敢な王子まで、声や表情、仕草や姿勢などで見事に演じていきます。

彩り豊かな音とパフォーマンスで、物語の世界が立ち上がります。





 

 

「ブレーメンの音楽隊」では、ユーモラスで個性豊かな動物たちが次々に登場し、

ヴァイオリンで素っ頓狂なニワトリの鳴き声が奏でられたりと大盛りあがり。


よく知られたお話ですが、大人も子どもも物語の世界に引き込まれました。



おはなしと音楽の共演、色鮮やかな物語の世界を楽しんでいただけたでしょうか。

ご参加いただいたみなさま、出演者のみなさま、どうもありがとうございました。



次回のミュージアムコンサートのお知らせです。

涼しい秋も待ち遠しいですね。

10/27(日)『フランス音楽の流れをたずねて -演奏とおはなし、画像による-』



フランス語の朗読とバロックチェロ、チェンバロの共演で、90分のプログラムを予定しています。

充実した音楽の時間をどうぞお楽しみに。





 

親子ワークショップ「海をわたる小さな船」を開催しました

更新日:2019年8月3日(土) 【nakata Labs  なかたラボ】

 

暑い日が続きますね。

こんなときは海で泳ぎたいものです。

先日開催した親子ワークショップ「海をわたる小さな船」では、大海原を想像しながら

みんなで水上を走る船を工作しました。

 

 

 

開催中の展覧会には、船を描いた作品が沢山あります。

尾道の渡船やタグボート、遊覧船など

様々な形の船を絵の中に見ることができます。

 

 

 

 

今回は「かまぼこ板」をつかって船の土台を作りました。

 

 

 

 

大小さまざまな板を組み合わせて、どんな形にしようか考えます。

 

 

 

 

実際の船には、柵や階段、タイヤなど付属品がたくさんついています。

小さな船には、ペットボトルや瓶のキャップ、コルクや針金などを使って

付属品を作りました。

 

 

 

 

色塗りは、テープの色を生かしました。

つやつやした風合いが、タグボートなどの小さな船の塗装に似ています。

 

 

 

 

煙突や窓を取り付けると、

どんどん船らしくなっていきます。

 

 

 

 

硬い部品は釘やインパクトドライバーを使ってくっつけます。

こうすると、水の中でも安心です。

 

 

 

 

布を貼り付けたり、針金を取り付けたり、

次々に発想が生まれてくるらしく、みんなどんどん手を動かしていました!

 

 

 

 

 

 

仕上げに船底にスクリューを取り付けて、水の上を走らせました。

 

 

 

  

 

  

煙突から、くねくね煙を出しながら

スイスイスイーっとしなやかに水の上を走ります。

 

 

 

不思議な形の船。

実際にこんな船があったら、船上でも遊園地のように遊べそうです。

 

 

他にも、見たことのないたくさんの船ができました!

 

 

 

 

 

 

 

船の旅は大人になってもロマンを感じます。

今回のワークショップでも子どもと同じくらい、お父さんたちが気合を入れて作ってくださり、

楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 

 
 1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。