広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

チェンバロクリスマスコンサート『精霊の踊り』を開催しました

更新日:2019年12月23日(月) 【コンサート】

こんにちは。もう間もなくクリスマスですね。

美術館のロビーにも、大きなツリーを飾っています。

 

 


nakata Labs『木曜日の絵画教室』で、子どもたちが作った楽しいオーナメントも飾っていますのでご注目ください!




心躍るこの時期にあわせて、ミュージアムコンサートを開催しました。

小田郁枝さんによるチェンバロと、岡野 映さんによるフルートとのアンサンブルです。


 


お届けした曲は、コンサートのタイトルにもなっているグルックによるフルートの名曲《精霊の踊り》、

そしてバッハによるフルートソナタやシチリアーノ、

おなじみのアリアやアヴェ・マリア、そして《さやかに星はきらめき》などのクリスマスキャロルです。


 

 

敬虔なキリスト教徒だったバッハにとって、音楽は神に捧げるものでした。

そのため、神・キリスト・聖霊を表す「三位一体」の数字の “3” が、音づくりや全体の構成に深く関わっているのだそうです。

確かに、聞いているとめくるめく音の世界に引き込まれて、バッハの気持ちがわかるような気がします。


またJ.S.バッハの全集に収められているけれど、本当は息子のC.P.E.バッハ作の曲という説が有力で、

いったん外されたけど再び収められて・・・などなど楽しいお話も交えながら、本格的なバロック音楽をお届けしました。

 


あいにくの雨でしたが、やわらかな音色に包まれて、心あたたまる時間となりました。

ご参加いただいた方々、出演のお二人に感謝申し上げます。



様も、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。


次回のチェンバロミュージアムコンサートは、2020年4月に開催いたします。

詳細が決まり次第、このブログやチラシ等でお知らせします。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。




 

先日チェンバロミュージアムコンサート『フランス音楽の流れを訪ねて』を開催しました。



今回は音楽と朗読とレクチャーをあわせたコンサートです。

フランス音楽の歴史を紐解くお話をしながら、

音楽は永瀬拓輝さんによるバロックチェロと小田郁枝さんによるチェンバロのアンサンブルを、

そしてフランス語の「詩」の朗読に筑波大学や広島大学など数々の大学で教鞭をとってこられたサントニ ジャン・ガルリエルさんをお招きしました。



プログラムは中世ヨーロッパの教会で、楽器を用いずに大勢の声で歌われていたグレゴリオ聖歌のアレンジからはじまります。

長らく声楽が音楽の中心であり、言葉と音楽はとても重要なつながりを持っていました。


そしてルネサンスを経て、楽器製作の技術の高まりとともに器楽が盛んになり、

17世紀のバロック時代以降、チェンバロをはじめ多彩な楽器を用いて、数々の魅力的な楽曲が生み出されてきました。

クープランやラモーといったバロックの巨匠たちから、サン=サーンスやラヴェルなどおなじみの作曲家たちまで、時代の変遷を演奏とお話でお届けしました。


 


王侯貴族が芸術文化を育んでいた華やかな時代、そしてチェンバロが貴族文化の象徴であったがために、革命によって破壊され廃れてしまったこと、また古典が見直されることで復活してたこと…

歴史に思いを馳せながら演奏を聴くと、ひとつひとつの音色が深く心に沁みわたりました

 

フランス語の響きもまるで音楽のようで、実際に耳にすることで言語と歌、詩と音楽のつながりが実感できました。

また詩人アポリネールと、ただいま美術館で作品を展示しているマリー・ローランサンはかつての恋人同士。

セーヌ河の流れに、その失恋を重ねた『ミラボー橋』も朗読され、絵画と詩の共演で、20世紀初頭のパリにタイムスリップしたかのようでした。



いつもと少し違った趣向でお送りしましたが、たいへん多くの方にご参加いただきました。

どうもありがとうございました!


 


日に日に寒くなってきて、イベントがたくさんの冬がやってきていますす。

次回のチェンバロミュージアムコンサートはいよいよクリスマス。

12/22(日)

『精霊の踊り 〜 フルートとチェンバロで奏でる〜』



あたたかみのあるフルートとチェンバロの音色でクリスマスを彩ります。

ぜひご参加ください。

 

 

 

 

親子コンサート『いばら姫』を開催しました

更新日:2019年8月4日(日) 【コンサート】

夏休みに入った7月、今年も親子コンサートとして『いばら姫 ーおはなしとヴァイオリンでおくるグリム童話の世界ー』を開催しました。


 

 

おはなしとパフォーマンスを坂井けいさん、ヴァイオリンは尾奏子さん、チェンバロは小田郁枝さんの演奏です。

今回は「いばら姫」と「ブレーメンの音楽隊」2つのおはなしを、語りと音楽でお届けする趣向です。


まずは「いばら姫」から。

昔々、あるところに…というおなじみのフレーズに始まり、

雰囲気たっぷりの音楽にあわせて、坂井さんが悪い妖精から可憐な姫、勇敢な王子まで、声や表情、仕草や姿勢などで見事に演じていきます。

彩り豊かな音とパフォーマンスで、物語の世界が立ち上がります。





 

 

「ブレーメンの音楽隊」では、ユーモラスで個性豊かな動物たちが次々に登場し、

ヴァイオリンで素っ頓狂なニワトリの鳴き声が奏でられたりと大盛りあがり。


よく知られたお話ですが、大人も子どもも物語の世界に引き込まれました。



おはなしと音楽の共演、色鮮やかな物語の世界を楽しんでいただけたでしょうか。

ご参加いただいたみなさま、出演者のみなさま、どうもありがとうございました。



次回のミュージアムコンサートのお知らせです。

涼しい秋も待ち遠しいですね。

10/27(日)『フランス音楽の流れをたずねて -演奏とおはなし、画像による-』



フランス語の朗読とバロックチェロ、チェンバロの共演で、90分のプログラムを予定しています。

充実した音楽の時間をどうぞお楽しみに。





 
 1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。