広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

ワークショップ「カラダだよ!絵から飛び出すあれやこれ」

更新日:2019年1月24日(木) 【nakata Labs  なかたラボ】

 

新しい年がはじまりました。

2019年のワークショップ第1弾はダンスです!

 

 

講師には「yummydance(ヤミーダンス)」の宇都宮忍さんと合田緑さんをお呼びしました。

ヤミーダンスは愛媛・松山を拠点に活動する4人組のコンテンポラリーダンスカンパニーです。

全員でのパフォーマンスだけでなく、デュオやソロでの活動、

ミュージシャンや美術作家とのコラボレーションもされています。

変幻自在でとっても面白い方たちです。

https://www.yummydance.net/

 

 

まずは準備運動。

手足を伸ばしたり、

 

 

ブラブラ〜と体をゆすったり。 

 

 

 種のように体を小さく丸めて・・・

 

 

パッ!

と全身を開放します!

指先まで神経を行きわたらせました。 

 

 

ゴロゴロと床を転がって他の方とぶつかってみたり

 

 

 「今までしたことのないポーズ」をしてみたり。

体をねじって足をあげて、不思議なポーズができました。

 

 

館内では、作品の登場人物と同じポーズをとって踊りました。

まずはボーシャンの作品から。

「シルクハットをかぶった郵便配達員」のポーズです。 

 

 

 

 

 

この男の子は、ゆらーりゆらーりと踊り最後はパタリと倒れるダンスを披露してくれました。

確かに、ボーシャンの描く人々はゆらゆら彷徨っているように感じるのです。

 

 

次はどの作品でしょうか。

 

 

ルノワールの「横たわる裸婦」のポーズです。

 

 

キリッとポージングをした後は「とける」をキーワードに踊りました。

フニャフニャと体を解き放ちます。

それぞれの溶け方を表現しました。

 

 

ポール・アイズピリのお祭りを描いた絵には楽器を持った楽しそうな人々がたくさん描かれています。

作品からヒントを得て、太鼓の鳴る楽しげな音楽がスタートすると・・・

 

 

飛んだり跳ねたり、体をくねくねさせたりお尻を叩きあったり、みんなで自由に踊りました。

手先までポーズが決まっています。

とっても楽しい時間でした。

 

 

また、お二人には即興でダンスも披露して頂きました。

 

 

 

 

作品の登場人物からインスピレーションを受けたダンスは

展示室全体を踊りまわるダイナミックなもので圧巻でした。

みんなで食い入るように鑑賞しました。

 

 

久しぶりに身体を隅々まで動かして、リフレッシュした時間でした。

参加者の皆さん、ヤミーさん、ありがとうございました!

 

 

nakata Labs『金のりんご』についてお知らせ

更新日:2019年1月19日(土) 【nakata Labs  なかたラボ】

 

 nakata Labsの『金のりんご 絵本を楽しむ小さな集まり』についてお知らせです。

 

 

 

 



こちらは作家はいじまのぶひこさんと一緒に、絵本を軸にしつつ、絵を描くことや本を作ること、見ることなどを楽しく学ぶ集まりです。

2月より日時や料金が変わります。

 



・毎月第1土曜日 (初回は2019年2月2日)

・時間 13:00~16:00 

・参加費 1回 2,000円(小学生以下のお子様1,000円)


ご予約は前日までにお願いいたします。

なかた美術館(0848-20-1218)までお電話ください。



はいじまさんは画家、造形作家として作品を制作するほか、絵本も手がけていて、著作『きこえる?』はブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレにて、準グランプリにあたる"金のりんご賞"を受賞しています。

この作品には、はいじまさんが尾道の生活のなかで見つけた色や形もたくさん登場しています。

 
 
 


講座の『金のりんご』では形式的なカリキュラムは設けず、参加される方のご希望やペースにあわせて続けています。
 
 


自由に絵を描いたり、絵や本についてのんびりとおしゃべりする気軽な参加から、絵や文章などの小さな種から、オリジナルの絵本を仕上げるまでの本格的なコーチも可能です。

大人の方も子どもさんも大歓迎。 ぜひお気軽にお問い合せ・ご参加ください。





 
 
はいじまのぶひこ

 画家、造形作家、絵本作家。東京都生まれ。
パブリック・コレクションに東京オペラシティーアートギャラリー、府中市美術館、愛媛県美術館、大分県立美術館、群馬県立近代美術館。
2012年3月、絵本「きこえる?|Can You Hear That Sound ?」(福音館書店刊)を出版。
2013年9月、同作により第24回ブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレにおいて準グランプリ"金のりんご賞"を受賞。
同ビエンナーレは絵本原画の領域において世界でもっとも権威あるものといわれており、過去の"金のりんご賞"受賞者に、レオ・レオニ、藤城清治、安野光雅らが名を連ねる。
2015年6月、作家の上橋菜穂子、児童文学翻訳家の神宮輝夫、絵本作家のあべ弘士らと共に第4回JBBY賞を受賞。
2015年度、東京藝術大学美術学部絵画科版画学科、非常勤講師。2016年度、尾道市立大学芸術文化学部美術学科油画専攻、非常勤講師。



 
 
 

今年もなかた美術館は皆様に楽しんでいただける展覧会や、いろいろな関連プログラム nakata Labs を企画していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



 


みなさん、クリスマスはいかがお過ごしだったでしょうか。

なかた美術館ではクリスマス前の日曜日に、

ミュージアムコンサート『チェンバロとコントラバスで奏でる -重低音の魅力-』を開催しました。


チェンバロは小田郁枝さん、コントラバスは原田一平さんによる演奏です。

 

 

コントラバスとの共演は当館では初めて。やっぱりすごく大きくて、存在感たっぷりです!


ヴァイオリンやチェロとよく似ていますが、直接の先祖はヴィオラ・ダ・ガンバと同属であるヴィオローネで、調弦や弓の持ち方などが異なっているのだそうです。

 

 

 

今回のプログラムでは、本格的なコントラバスソナタからおなじみのクリスマス・キャロルまでお届けしました。


 

 

 

コントラバスはオーケストラの伴奏といったイメージもあるかもしれませんが、楽曲によって繊細さ、力強さ、悲しげな音色から温かい音色まで、多彩な表情や新たな魅力を感じられる演奏でした。


大変よく響く楽器でもあり、前方のお客様は床から振動が伝わるほどだったのではないでしょうか。


すっぽりと包み込まれるような安心感のある重低音と、チェンバロの華やかできらきらと澄んだ音色が一緒に響いて、寒い冬のクリスマスの空気にぴったりの雰囲気でした。



 

 

ご出演のお二人、ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。



恒例になっているこのチェンバロミュージアムコンサートは、来年も4月から定期的に開催する予定です。

またどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 
前の記事へ≪  1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。