広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

年末年始休館のお知らせ

更新日:2014年12月26日(金) 【お知らせ】

2014年も残りわずかになりました。

今年も多くの方にご来館いただき、ありがとうございました。

なかた美術館は以下の日程で、年末年始休館いたします。

 

12月29日(月)〜2015年1月5日(月)

 

併設のレストラン ロセアンも同様にお休みとなります。

何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 

 

 

『Paul Aizpiri ポール・アイズピリ展』は2月22日まで開催しています。

2015年もどうぞよろしくお願いいたします!




 

陶房conel × 青時間

更新日:2013年11月4日(月) 【お知らせ】

昨年の夏、Letters展では、古武家さんの絵をもとにしたボタン作りをしました。

尾道の坂の上にある、陶器の工房&ショップ「陶房 conel (とうぼうコネル)」から、

作家のおおつきゆきさんをお招きして、成形から絵付けまで自分で行うというワークショップでした。



そしてこの度は、なんとそのconelのゆきさんに、スペシャルなグッズを作っていただきました!



佐野さんの作品をイメージした、青いブローチです。

もちろん一点一点、手作り。



ほかにない存在感と、優しいたたずまいが魅力です。


 

飾っておくもよし。



秋冬のストールやジャケットにも、よく映えますよ。


 

胸にひとつの青をぜひ。


そして、小さくてころころ、つるつるしたこちら・・・!



丸くて青いマグネットも作っていただきました。

 


絶妙な色合い。

見ているだけで頬がゆるみます。 



可愛い見た目ですが、強い磁力で、実用面もばっちりです。



ブローチは2,500円~3,000。マグネットは3つセットで500円です。

なかた美術館のショップコーナーで、どうぞ実物を手にとってみてくださいね。


陶房conel のHPはこちら

セルフリノベーションの店内には、ゆきさんによる

あたたかで繊細な作品が並んでいます。



絵本に出てくる秘密のあなぐらのような、落ち着く空間。

尾道で、ぜひ訪ねてみてほしい場所のひとつです。




 

 

せとうち美術館ネットワーク

更新日:2013年9月29日(日) 【お知らせ】

なかた美術館のtwitterでは、一足お先にお知らせしたのですが、こちらでもご報告を。


なかた美術館は、このたび「せとうち美術館ネットワーク」に加盟いたしました!

http://www.jb-honshi.co.jp/museum/

このネットワークは、本四高速さんのCSRの一環で、美術館の情報発信や連携を支援しようというもの。

しまなみ海道や瀬戸大橋まわりの美術館が、47館も加盟しています。


たくさんネットワークがあってややこしいですが・・・、現在当館が加盟しているのは3つになりました。

「尾道市美術館ネットワーク」

・尾道市内の6つの美術館・博物館で構成。

・「子ども学芸員の旅」の実施、「尾道美術館旅券」の発行などを行っています。


「広島県美術館ネットワーク」

・広島県内の26施設で構成。

・合同スケジュールリーフレットの作成、研修会などを行っています。


そして、新たな「せとうち美術館ネットワーク」

・瀬戸内海地域の47施設で構成。

いちばん広域で加盟館数も多いですね!


そのリーフレットがこちら。

新規加盟ということで、ひとつだけ赤く目立っている24番が当館です!!



このリーフレットをお持ちいただくだけで、だいたいどこの館も、団体割引料金で入れる!

という、超お得な「せとうち美術館ネットワーク」

リーフレットは当館でも配布しておりますので、ここだけの話うちからスタートしていただいてもOKです(笑)


 

リーフレットを受付でご提示いただくと、スタンプを押させていただきます。

このスタンプを各館で集めていくと、その数とまわった県によって、ミュージアムグッズがプレゼント!

選べる「A賞」、抽選の「B賞」があり、選べる「A賞」で人気のグッズは、高松市美術館さんの「奈良美智グラスセット」!と

尾道市立美術館さんの「尾道帆布小物セット」だそうです。

いいですねえ。

個人的には香美市立美術館さんの「舟越 桂 展 図録(サイン入り)」が気になります・・・。

ちなみに当館からは、ポール・アイズピリのオリジナル「ミニクリアファイル」のセットです!


 

それにしても瀬戸内周辺で、このリーフレットやサイトのように美術館を一覧できるものは、

意外とほかに無いんじゃないかなと思います。(ご存じの方おられたらぜひ教えてください〜)

けっこう詳しいですし、もしかしたら、これまで知らなかった美術館も見つかるかもしれません!

どうぞお手に取ってみて下さい。



あと、さすが本四高速さん。サイトでは、車でめぐるモデルコースもばっちり紹介されています。

http://www.jb-honshi.co.jp/museum/tour/index.html


当館も、実はお車で来ていただくのが一番便利な立地です。

秋のドライブがてらお立ち寄りいただければ嬉しいです。

「せとうち美術館ネットワーク」も、ぜひご利用しつつ、たくさんの美術館を楽しんでみてくださいね。





 
前の記事へ≪  1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。