広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

第9回『子ども学芸員の旅』

更新日:2016年8月21日(日) 【子どもと美術館】

さて、夏休みも残りわずかになりましたが・・・尾道の夏といえば『子ども学芸員の旅』!



すっかりおなじみの方もいらっしゃるかと思いますが、改めてご紹介を。

尾道市内の小学生のみなさんと一緒に、美術館や文化施設を
めぐりながらワークショップを体験する一泊二日の旅。

市内の6つの美術館・博物館が連携した「尾道市美術館ネットワーク」の主催によるものです。

 

 

なかた美術館では展覧会『海景 umi kei』にちなんで、「海の生きもの図鑑」というワークショップを行いました。

 

今回は海をテーマにした作品をたくさん展示しているのですが、作品には描かれていない海の中までを想像して、新しい生きものを見つけてみようという内容です。

 

本物の図鑑をヒントにしつつ、まずは手を動かしながら考えられるよう、

「フロッタージュ(こすりだし)」を行いました。

 


凹凸の上に紙を乗せて、鉛筆でその模様を写し取ります。

(コインなどで試したことがある方も多いのではないでしょうか)

 

これが海の生きものらしい、ウロコの感じや透けた感じなどの質感を出すのにぴったり。


 

その紙を切り抜いて、コラージュしながら生きものを形作っていきます。 



 

みなさんには “発見者” として、特徴の解説や名付けもしてもらいました。



自分がどうやって生きればいいかとか、どうでも良いことで悩む『ユージューフダン』

においはお菓子、味はしいたけ『すばどい』 

自分でもペンギンかイルカか分かっていない『イエローマウス』などなど


おしゃれなやつから、毒を持っているやつまで、

形も特徴も色とりどりの海になりました。

 

 

そのほか、今回も耕三寺博物館、平山郁夫美術館、本因坊秀策囲碁記念館、

圓鍔勝三彫刻美術館、尾道市立美術館、MOU尾道市立大学美術館で、合計7施設を訪ねて、

それぞれの作品を鑑賞したり、ワークショップを体験しました。

 


 

 

 

 


 



 



 

 

 

 

新しい友達との出会いもあり、美術を通して楽しい思い出をつくってもらえたでしょうか。

毎年のことですが、例年よりも一段と厳しい暑さのなか、元気いっぱいに旅を終えることができ、

みなさんに楽しかったと言ってもらえて、美術館としても喜びもひとしおです。


ご参加・ご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

  

 

 

そして今年も、この旅の成果や作品を展示する『子ども学芸員 作品展』を開催します。

9月3日(土)〜9月11日(日)

9:00〜17:00

尾道市民センターむかいしま「こころ」ロビーにて。

入場無料、会期中無休です。

もちろん、子ども達が “発見” した新種の海の生きもの達も展示します。


ぜひお気軽に足をお運びください。


 

 

 

親子ワークショップ「夏の帽子」を開催しました。

更新日:2016年7月28日(木) 【nakata Labs  なかたラボ】

 

今年はいつも以上に暑い日が続きますね…。

尾道もまぶしい日差しが毎日降り注いでいます。

遅くなりましたが、先月末に開催した親子ワークショップ「夏の帽子」の様子です。

昨年の冬にも開催してご好評いただいた藤井製帽さんをスペシャルサポートに迎えてのワークショップ、

今回は「海景」ということで、麦わら帽子など涼しげな帽子や素材をご用意していただいました!

 

 

まずは展示してあるたくさんの海の絵を見て周りました。

尾道の港や造船所など、なじみのある風景がたくさん。

 

 

 気に入った海はメモメモ。

 

 

 

そして一人ひとつ帽子を選んで、思うままに飾りつけをしていきます。

 

こちらの男の子は、爽やかな水色のリボンを選びました。

薄いベージュの帽子にぴったりです。

 

 

 

鮮やかなピンク色の帽子は、まるい形や花の形に切りぬいたフェルトで飾り付けられています。

にぎやかで楽しい帽子に変身していきます。

 

 

 

様々な形に編んだコサージュも用意して頂きました。

夏らしい、元気な色使いの花を選びました。

お母さんと相談しながら貼りつけていきます。

 

 

 

太めの針と紐をつかって、帽子に刺繍をしています。

縫い目の幅を揃えながら丁寧な仕事です。

手元や口元から、真剣な様子が伝わってきますね。

 

 

こちらのお母さんの帽子は、シンプルに黒のリボンと黒い文字の刺繍。

センスが光っていますね! 

 

今回頂いた帽子を見てみると、シンプルにワンポイントで仕上げられた帽子と、

たくさんのモチーフをモリモリと飾り付けられた帽子の2つのパターンに分かれていました。

作者の性格が垣間見えるようです!

 

 

かわいらしい帽子がたくさんできました!

夏休みもあともう少し、作った帽子をかぶって楽しい思い出をたくさん作って欲しいですね!

 

 

 

 

 参加者の皆さん、藤井製帽さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによるバッハ『無伴奏チェロ組曲』

更新日:2016年7月17日(日) 【コンサート】

こんにちは!

いよいよ学校の夏休みも始まり、夏らしい毎日になりましたね。


さて先日、古楽器演奏の寺神戸 亮さんによるミュージアムコンサート

【ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによるバッハ『無伴奏チェロ組曲』 】をおこないました。


 

もともとヴァイオリニストとしてデビューされ、

オーケストラなどの第一線で仕事をなさっていた寺神戸さん。


古楽器やバロック時代の演奏法にも造詣が深く、

現在はヴァイオリニストとして、指揮者として、

そして古楽器の演奏家として幅広くご活躍なさっています。


 

“ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ” は楽器の名前です。

現代のチェロより一本多い、5本の弦を持ち、

チェロの音域をヴァイオリンと同じような運指で弾く事ができます。


“ヴィオローネ Violone” はイタリア語で、大きなヴィオラという意味、

そこに“チェロ cello” 「小さな」という意味がくっついて、“violoncello ヴィオロンチェロ”

なので、ヴィオロンチェロとは、「大きめのヴィオラの小さいやつ」といったところだそうです。

そして“Spalla スパッラ”は「肩」。

 

抱えるようにして、肩で支えて弾くことから、このように呼ばれています。


 


時代の変遷とともに、現代では使われなくなってしまった楽器を再現した古楽器のひとつで、

当館ではおなじみのチェンバロも、同じ古楽器の仲間です。


なかでもこのヴィオロンチェロ・ダ・スパッラは

世界に数台しかないという、とてもユニークなもの。

 

しかし、チェロの定番曲であるバッハの『無伴奏チェロ組曲』には、

この運指ではないと自然に弾く事が難しい部分があるそうで、

自身で所有も所有していたことから、近年の研究では、

実はこの楽器を想定して作られた曲だったのではないかとされています。


  

 

チェロよりも軽やかに、そして古楽器ならではの複雑さのある音色で、

難しいイメージのあるバッハが、とてもフレッシュに輝いて聴こえました。

 


まだ現代のように楽器が規格化される以前、楽器は一点、一点、

注文を受けて作られるものでした。 


寺神戸さんは、こうした楽器や演奏法までさかのぼって再現していくと、

楽曲の魅力がいきいきと増していくといいます。


 

 

 

前回のチェンバロミュージアムコンサートに引き続き、

楽器や音楽がたどってきた歴史に思いを馳せつつ、

古いはずなのに、とっても新しい、音の世界を楽しむ時間となりました。


素晴らしい演奏をしてくださった寺神戸さん、企画などでご協力頂いた皆様、

そしてご参加くださった皆様、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 
前の記事へ≪  2  3  4  5  6  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。